FullSizeRender

ライフワークである食べ放題は、健康に気を遣って週イチに制限しているのだが、「二郎」の小は+100円で大に、+200円で任意の麺増し(←店舗により異なる)となり、実質的な食べ放題(食い倒れ)にカウントしている訳で、いわゆるブッフェ&バイキングに行く【枠】が空いていない罠。

しかも、3000円以下でラーメン(やきそば含む)が常備されている店を優先的になんて考えていると、調査対象が激減。

※3000円以上になったらコスパもヘッタクレも無いから論外。

FullSizeRender

どこの店とは書かないけど、公式が意図的に見切れてる写真を使ってて察したが、お値段は税込み4730円。

誰が行くんだ?

しかも、僅か5日間の期間限定とか損益分岐点が全く読めず中途半端に日和ったプライシングに苦笑。

FullSizeRender
「かっぱ寿司」の食べホーは条件を満たしていたものの、醤油ラーメンと塩ラーメンの保険が効いているから期間限定の本格ラーメンで決めようとしたのに、どれもこれも全く惹かれなくて第1弾からの見〈けん〉も限界。

遂に予約しちゃった(はぁと)

FullSizeRender

さて、実食分を順番に紹介しようかい?しょかいだけに…

FullSizeRender

★★★★☆
【1】上煮穴子炙り(ハーフ)(180円+税

★★★☆☆
【1】活〆寒ぶりはらみ(100円+税

★★★☆☆
【1】ノルウェーサーモン(100円+税)

★★★★★
【1】本鮪大とろ(180円+税)
FullSizeRender
全品サビ抜きに変更されていたから、山葵と煮穴子のツメがセルフサービスなのは、限られた時間内だと地味に面倒臭い件。

プレミアムコースのメイン4種(1貫提供の4皿分)を手始めに選択したけど、本鮪大とろ炙りが対象外なのは遺憾。

FullSizeRender

★★★☆☆
【1】中とろ(100円+税

★★★★☆
【1】活〆大ぶりえび(100円+税

★★★☆☆
【2】ほたて(180円+税

★★★★☆
【1】中とろ 塩炙り(100円+税)

スペシャルコースでも食べられる4種は次回のメインとなるので要チェック。

FullSizeRender

★★★☆☆ 
【1】赤えび(100円+税

★★★☆☆
【1】活〆真鯛(100円+税

★★★☆☆
【2】漬け鮪上赤身(180円+税)

★★★☆☆
【2】金華さば 昆布仕立て(100円+税)

次回の判断材料としてスペシャル限定メニューは一通り注文してみる。

FullSizeRender

★★★☆☆
【2】鮪上赤身(180円+税) 

★★★★★
【1】本鮪大とろ(180円+税)

ちな、いわゆる回転寿司ではなく自分の席までスっ飛んでくる高速レーンにリニューアルしたばかり

FullSizeRender


★★★★☆
【3】とろ〆さば巻(180円+税

不条理なボリュームで詰む要注意アイテムの筆頭だったりする巻物だが、細巻ではなく中太巻で不味かったら難儀なところ、金華さばの握り(←機械も進化していてふんわりと成形していて)美味くて助かった

FullSizeRender

★★★★☆
【1】赤えび 塩炙り(100円+税)

本来ならお高い案件も一巡したので、箸休めを挟みつつ次は上に戻るか下を試すか悩んでるたーる人

FullSizeRender

★★★☆☆
【2】牛タン炙り(280円+税

皿の色が違うから慌てて画面の会計をチェックする小心者ですが、何か?

本来なら280円の皿だったと知ったのは、後日。

FullSizeRender

★★★★☆ 
【3】サーモン3貫盛り(180円+税

★★★★★
【1】本鮪大とろ(180円+税)

★★★★☆ 
【1】活〆大ぶりえび(100円+税


ノルウェーじゃないサーモンの味比べと、税込みだと1貫198円(2貫提供の皿に換算すると税込み396円の逸品)の大トロと、エビラーらしく大海老も追加。

FullSizeRender

★★☆☆☆
【2】〆いわし(100円+税

〆の文字を見落としたが、酢で〆てあるなら要らなかったし1皿2貫ゾーンの失敗出来ない感に慄く

FullSizeRender

★★★☆☆
【2】大葉のせあかいか(100円+税

★★★☆☆
【2】熟成かれい(100円+税

★★★☆☆
【2】大葉のせえんがわ(100円+税

大葉のせ3種を纏めて6貫。

FullSizeRender

★★★★☆
【2】いくら(100円+税)

★★★☆☆
【2】コーン(100円+税)

★☆☆☆☆
【2】かにみそ(100円+税)

★★★★★
【1】本鮪大とろ(180円+税)

本物を食べ過ぎて嫌いになったかに味噌は、地雷を避けつつ進軍した中で唯一のハズレ。

(原価率は低いけど)大人気と巷で噂のコーンは肩透かしでナシ寄りのアリ。

いくらは(次回が)レギュラーコースなら大本命。

こってり4皿(軍艦6貫と本鮪大とろ1貫)でデンジャーゾーンから撤収。

FullSizeRender

★★★☆☆
【1】活〆寒ぶりはらみ(100円+税

★★★★★
【1】本鮪大とろ(180円+税)

★★★☆☆
【1】ノルウェーサーモン(100円+税

★★★★☆ 
【1】活〆大ぶりえび(100円+税

美味かったネタだけで余韻を残して寿司は終了。

 4260円+426円=4686円

IMG_1663

★★☆☆☆
期間限定ラーメン 第8弾(390円+税)

番外編ではなくラーメンのエントリーで書く段取りなので、お約束のラーメンはモザイク処理。

FullSizeRender

サービスマニュアルに反してラストオーダーのアナウンスが無いのは大問題だけど、ラスト10分。

ドリンクバーが付いていたけど、行く暇も無いし例の粉茶が正解。

そしてして、此処まで煮穴子のツメ(甘タレ)以外に甘味は控えて食べ進んでいるので、血糖値の上昇は最小限。

FullSizeRender

★★★☆☆
いちごのケーキプリンパフェ(300円+税)

満腹中枢に気付かれる前に瞬殺。

FullSizeRender

★★☆☆☆
タピオカ台湾ミルクティー(300円+税)

生クリームの後なら甘味を感じないだろうと、2番手。

FullSizeRender

★★★☆☆
宇治抹茶ガトーショコラ&バニラ(200円+税)

★☆☆☆☆
ハイカカオ香るチョコレートプリン&ホイップクリーム(200円+税)

ってか、精算ボタンをタッチ(未着も取り消せなくなる)する直前に注文したラストの2品が5分も出てこなくて、開始60分頃まで待たされ1分で2品を完食しなきゃいけないのに、4品目で満腹中枢にバレたのかスプーンが一瞬だけ止まり冷汗。

スイーツの4連食で可哀想な面もあるが、最後の1品が最も不味かったのは誤算。
 1390円+139円=1529円
48貫とラーメン(ハーフ)とスイーツ4種を完食。

品質は (*´◒`*) 及第点!

業界最安値の「かっぱ寿司」を舐めてたよね、実際。

IMG_1667

公式アプリでプレミアムコースを予約(前日の21時迄)してたんだけど、スペシャルコースの料金しか引き落とされなかったみたい…

ぶっちゃけ、現金を出さないと店側も客側も幾らだったのか他人事。

一部メニューの品切れもあったし、本日限定おすすめネタ(1皿)も見当たらず諦めたし、最も重要なラスト10分の声掛けもされず、注文用のタブレットにオーダーストップの表示も無く不親切。

その辺りを鑑みて、ダウングレードで会計処理されたのかも試練。

延長は30分で500円+税だったかな?

したら負けだから60分で勝負する事を強くお薦めするし、しなかったから勝利。

ちな、翌日に計算してみたら(食べホーじゃなきゃ)6215円也。

次回も(本鮪大とろ目当てに)プレミアムコースを堪能したいが、未体験コースから敢えての2択ならスペシャルコースが吉。

それでもコスパで満足するようなら、3回目で(地雷だらけの)レギュラーコースって展開。

FullSizeRender

ちな、全体的に写真が暗いのは「一蘭」の味集中カウンター(シガンシナ区の壁?)みたいに、左右の境界線を30皿とサイドメニューの器が積み上がっている為。

FullSizeRender

追記:ロケットニュースのエントリーより2日前に検証していたが、結論はやはりプレミアムコースの一択で同感。