FullSizeRender

IMG_0627

見た目ほどは美味くないチャーハンwwwww

無化調と相性の悪い料理No.1じゃないかな?

FullSizeRender

テレビでは美味い美味いの連呼で、ラーメン官僚みたいに甘口。

FullSizeRender

浅草イキリパスタ楼の恣意的なリツイート然り、報酬の対価に自社の商品を絶賛するディズニーも同罪。

FullSizeRender

安いパスタは安いラーメンより食べちゃ駄目だ罠。

FullSizeRender

ほら、見るからに添加物〈まみ〉塗れでしょ?

FullSizeRender

まぁ、世の中には世間知らずが多いから騙された方が悪いのかも試練。

「あまり早くラーメンを出さないで…」とアドバイスするワケ 

ラーメン店は回転率が高いとお話ししました。それは、1つの座席が生み出す売上が高いということです。 
しかし、いくら回転率が高いとはいえ、そもそもお店にお客さまが入ってこなければ回転が始まりません。 
そこで私は、オーナーや店長に、「あまり早くラーメンを出さないでください」「少しゆっくりめに仕事してください」とアドバイスすることがあります。 

回転率が命の飲食店で何を真逆の指導をしているのか、と思われることも多いのですが、これは作戦です。それは、お店を人気店にしてお客さまを増やす作戦なのです。 

日本人は行列ができているお店が気になって仕方がありません。行列は人気店の証しだからです。 
そのため、中にはサクラを雇って、やらせの行列を作るプロモーションもはやりました(もしかすると、いまだにやっているお店があるかもしれません)。 

しかし、私はサクラなど雇わなくても行列を作ることができます。それは、「座席を減らすこと」と「ラーメンの提供を遅めにすること」です。 

こうすれば、一度に入れるお客さまが制限されてしまいますし、回転率もやや下がりますので、行列ができやすくなります。 
せっかく人気店になれるほどのおいしいラーメンを出しているのに、そのことに注目されなければお客さまは増えません。 
わずか3〜4人の列ができただけでも、道行く人たちが注目し始めます。 

そして、行列は行列を呼びます。いったん、さばけないほどの行列ができてしまえば、あとはこちらのものです。 
そこからは回転率を上げて売上を伸ばせばよいでしょう。


FullSizeRender

逆に、都心部では絶対に勝てないのを重々承知している賢明な経営陣。