FullSizeRender

「フィッシャーマンズ バル」のランチブッフェは、メインを選んでサブは食べ放題スタイルで980円也。

皿の上に籠が置いてある事で薄々だろうけど、サブのレパートリーが壮絶に貧相。

メインのローストビーフが思いの外にボリューミーだったからロービー丼にしてみたが、醍醐味(目当て?)とも云える食べ放題メニューは経営者のシビアな原価計算が垣間見える出し惜しみ感。

コレでは目と舌の肥えた新橋リーマンがリピーターにはならん罠。

ぶっちゃけ、御自慢のメインデッシュを廃止して揚げたての鶏唐なんぞを常設して880円の方が席は埋まるのにとか、要らぬ夢想。

FullSizeRender

ラーメンを食べない自分を褒めてあげたいし、あなたにもチェルシーあげたい。

FullSizeRender

ってか、「天狗ナンチャラ」なら650円で御飯と味噌汁がおかわり自由。

お隣りさん、唐揚げ1個で御飯を食べてセット(御飯と味噌汁)でおかわりするもタイミング悪く来店が重なり、箸を持ったまま待ち惚け。

なんだか釜の底みたいな御飯だなって気にしつつ、こちらもコール。

思いっきり炊き立てとは露知らず、御飯で口内の粘膜を持ってかれたのは人生初。

蓋付きで冷めないってのもあるだろうけど、ガスで炊いてるんだろうな…

油断してると火傷するぜ!(警鐘)

FullSizeRender

おかわり自由でも無いし行列してまで食べる店ではないが、企業努力で限界まで攻める「光」のワンコインは異常。