5102
FullSizeRender

IMG_2573

都内最強タベホに認定。

実食:キュウリのたたき和え・茄子の冷菜・干し豆腐とネギ和え・エビと玉子チリソース・八宝菜・ニラとレバー炒め・鶏肉の唐揚げ・麻婆豆腐・豚足の醤油煮込み・黒酢スブタ・エビ入り炒飯・やきそば・台湾焼きビーフン・春巻き・プリンプリン杏仁豆腐・あずき入り漢方ゼリー・タピオカココナッツミルク・中国風カステラ・グレープフルーツ・甘味おこげ・烏龍茶


未食:エビセンベイ・酸辣湯・ライス・サラダ

FullSizeRender

台湾人が本気出したら胃袋が破裂する件。

(まさかの)美味。

ライスを食べずに満腹になったのはキャリア初。

コスパが半端ない罠。

高名な評論家センセイ曰く、原価の4倍掛けしないと利益が出なくて疲弊するんでしたっけ?

氏がプロデュースした「拉通(Ra2)」が来月にも閉店するとの事だが、(埼玉高速鉄道と並んで)日本一運賃が高い事で有名な北総線の小室駅(しかも遠い)とか、ラーメン屋を始める際に最も重要な【立地】を完全に無視しておいて、家賃の高い都心の物件より暴利な4倍掛けを目指してりゃ潰れて当然。

客を馬鹿舌呼ばわりする店主も少なからず存在するが、客は絶対値である味ではなく相対値であるコスパで良店かどうかを判断。

FullSizeRender

何を今更と、過去も未来もコスパ重視でしょ!

ハイコストパフォーマンスじゃなかった時代が何年何月何日何曜日に終わったの?

単品ですらコスパを強く意識するのに、食べ放題でコスパが悪いとか論外。

テレビマンって浅草辺りの製麺所で働く製麺氏レベルの馬鹿なのかな?

たった今、TVerで当該の番組を視聴したのだが、はんつ遠藤が解説したコメントだったと判明。

なるほど、右から2番目が確かに彼だね。

某イベント開催時に船橋競馬場でお会いして(ラーメン評論家にしては)まともな方だと思っていたけど、(ノーギャラで情報提供を依頼されて騒いでた割には)テレビ局が求めるキャッチーなフレーズを持ち出してて滲み出る雇われ感。

「二郎」だって大台超えたら誰も食わない訳で、来年に迫った消費税うpに伴い便乗値上げでデフォを900円なんかにしたら長かったラーメンブームも終わる悪寒。

FullSizeRender

「おにナンチャラ」の(揚げ玉が取り放題の)かけうどん(温)は330円。

昔に比べたら劣化したけど、券売機で買った瞬間に(茹で置きから)作ってて、扉を開けて入店したら既に出来上がってるのも悪くないよね、案外。

コストダウンの最終兵器である立ち食いを見直す時期に来てるかな、ラの界隈。

FullSizeRender

「さくら(水産ではない)ナンチャラ」のライス大盛りでも650円は微妙。

お代わり自由と大盛り可じゃ天と地だから、再訪は無いかな…

FullSizeRender

「テングナンチャラ」の御飯と味噌汁がお代わり自由で650円は魅力的。

嫌々でなく喜んでサービスしてんだから素敵。

FullSizeRender

1駅2ブランドを散見する「天狗ナンチャラ」は(他の駅でも)料理人の腕がワンランク下なのは何故なのか?

偶然だとしても既にトラウマから抜け出せそうにないので、今後は漢字の方へは遺憾。

FullSizeRender

「はなのナンチャラ」は本当に限定20食なのか胡散臭いものの、日替わりランチが650円。

セルフのライスは食べられ放題だから立派。

米の品質も中の下で及第点だし、何よりドリンクバー付き(檸檬水・お茶・麦茶・紅茶・コーヒー・オレンジジュース・カルピス)ってのは他の追随を少ししか許さない資本系の鑑。

サブは既製品でメインのプレートが不味い以外に弱点は見当たらない罠。

ちな、「白木ナンチャラ」のランチも同様のサービスながら、ライスが死ぬほど不味いから(三度も逝ったけど)二度と遺憾。

一気に拡大して(極一部を残して)一瞬で消え失せた「東京チカラめし」レベルの最低なライス。

ってか、儲からないなら原価の4倍掛けとかコンサルって世の中を舐めてるの?

今年のラーメン本で新人王候補にノミネートされた中で千葉県内の店なんてあったの?

今のラーメンは昔と設計が違うだと?

だからラーメンを1000円以上で売りたい?

ミシュランの★を獲得している「蔦」ですらおっかなびっくりの1000円ジャスコなのに、三流のラーメン屋が儲からないから値上げしたいの声に同感だと?

海外ではどーたらってさ、だから何なのココは日本だよ分かる?

カナダで大麻が合法化されても日本に持ち込めば逮捕だ試、中国に持ち込めば死刑だ死。

一生懸命に鍋を振ってる台湾人に嗤われるぞ、山路力也。