5057
FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

隙が無いのは好きく無い件。

内装、接客、清潔感、麺の選択、茹で加減、提供温度、塩分濃度、バランスと殆ど全てが素晴らしいのだが、優等生と云うかベストを尽くした感が凄くて、ブレとかワイルドな【伸び代】が期待出来ず、これ以上は美味くならないんだろうな感は異常。

哀しいかな、ラーメン特有の悪魔的な誘惑が無いのは致命的だ罠。

しかしして、新潟ラーメンのパイオニアとしてニーズを模索し続け看板をコロコロと替える我武者羅グループだが、【専門】の口の根が乾かない側から進化系なる単に長岡生姜醤油と燕三条を足して2で割った【専門じゃない】ノンポリ。

そもそもして、「角栄」のブランディングを諦め、幡ヶ谷本店の支店としてのリスタートは勝ちも負けも無い逃げ腰。

トレンドの煮干しと背脂に太麺が大正解なのは明白なのに判ってないよね、実際。

「杭州飯店」で感動したあの日、近い将来に首都圏で絶対に来る!と確信した燕三条スタイルがブレイク寸前ですが、何か?

しかしして、2号店「がっつん」をリニューアルした「心や」の勢いでは、弱気の虫も仕方ないのかも試練。

蛇足:家系の隆盛はラーメン博物館の「六角家」が火付け役だったとすれば、東京「勝丸」ではなく新潟「杭州飯店」だったら歴史が変わってた悪寒。