5014
FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

曙橋って無駄に激戦区なのを重々承知の上で開店したのかな、店主。

駅から半径1km圏内だけでリストアップしてもハイレベルだし、2kmまで広げたら無限に挙げられる件。


克味(100m)
灯花本店(290m)
灯花紅猿(400m)
一条流がんこ総本家(500m)
ちとせ(650m)
葉山(850m)
三はし(900m)
灯花繚乱(1000m)
桜花(1100m)
こうや(1100m)
佐高(1200m)
庄の本店(1300m)
不如帰(1600m)
としおか(1600m)
斑鳩本店(1700m)
ドゥエ イタリアン本店(1800m)
くるり本店改め大塚屋(1800m)

ちな、「こばやし」から徒歩5分の周囲には「灯花紅猿」「麺や花よ(ちとせ)」「克味」など、新潟ラーメンに特化した先行店が異常に多いのは謎。

(美味いんだけど)とてもじゃないが、生き残れるとは思えない罠。

追記:トレンドを追いかけ過ぎて新潟ライクなラーメンが密集する(激戦苦な)曙橋エリアの脱落第一号は、ドミナント戦略を盛大に履き違えて3店も展開しちゃってる連中。

その創業の地で二転三転の「灯花紅猿」が閉店。

FullSizeRender

ちな、京都の名店から独立したとされる京うどん屋が中途半端なラーメンも提供していたので、(地元だから)一応は宿題としていた京都祇園 おかる「一力屋」であったが、数百回も店の前を通ったのに未食のまま半年で撤退。

誰も信じないだろうけど、唯の一度も客が入ってるのを見た事が無かったから、売上ゼロの日も多かったと推察。