烏賊墨の汁なし+三元豚のチリソース丼

990円+390円=1380円
(食材原価の3倍掛け)

★★★★★ ☆☆☆☆☆


烏賊墨も鶉卵も地味に高いのに、北極味玉を盛り付けたら(ビビッドな色味に感覚が麻痺して)勢い余って別件のローストビーフまで搭載。


READY


GO(ギリギリでいつも生きていたい陽性でも不起訴なハイリスク設定)


完成。

ちな、左下のは豚肩ロースで右下のは豚トロだったりするが、

パッケージのまんま真空低温調理にする荒技。(何やってんの、右舷)

これぞ、手間なしブライト。



追記:麺を買ったら負けだ!ぐらいの心意気な自作派が、唯一?手を出さないジャンル。

其れが、博多ラーメン。

納豆臭い豚骨スープを夜通し焚き続けるのは趣味の域を超えているし、低加水の極細麺は電動パスタマシンを余裕で破壊する罠。


博多の本店で大して美味いと思わなかった店でも、東京初進出なら話は別。


したっけ、博多遠征【まとめ】(どころか個別の記事化からも漏れてる)が更新されてなくて「長浜ナンバーワン」が未食扱いな件。

ちな、町田のデパ催でも実食してるけど本店を記事化してないから未食扱い?