百飛んで4回目の不完全性定理麺(抹茶)に挑戦。

真空パックで2週間(先週末は関西遠征してた罠。)の長期熟成した生地150gに抹茶1gを練り込む算段。


仕上げにコーンスターチして(散々寝かしてあるから)打ち立てを茹でる件。


どこかの誰かさんみたいにマッドグリーンではなく、スプリンググリーンを目指した結果。

棒棒鶏麺で試食してみたのだが、半透明化した多加水熟成ストレート麺は切り出し放しなのも手伝って、(冷水で締めて更にエッヂが効いて)口腔を擽るような喉越しも楽しめる絶品。

トーシロだって文献を漁って100回以上も試行錯誤すれば、浅草開化楼なんかより美味い麺が打てるようになると云う話。