4877

今日は京都店の初日だが、リスクが高過ぎると判断して回避。


オダユージ曰く、事件は現場で怒っていた罠。

まぁ、嬉しそうに関東から遠征して馬鹿真面目に0時前からの行列解禁に向け、虎視眈々と近くの電柱の影にスタンバってたのに、店主が約束を反故にしてガチお祭り騒ぎとか胸熱。

お祭れなかったとしても、ロハ券を貰えて良かったね!(月曜日に無料で食べられるね!)

嫌味抜きで、裏山。

まぁ、【全店舗制覇】なんて新店がオープンしたら鬼行列に負け暫くは途切れるもの致し方ないが、まさか川越店と京都店の2軒も未食の雑魚はおらんよな?

さて、某お水がどうのこうのなジロガーさんと時間軸と感想が一緒だった件。

デフォで(以下省略)

寸評:但し、ヤサイコールしても大して変わらない悪寒。

ブタは脂身の部分が(以下省略)

寸評:火加減と引き揚げるタイミングが素晴らしいだけで、冷めているから白っぽい訳で別に不思議ではない模様。

麺エロい(以下省略)

寸評:乳化スープとの親和性は認めるところだが、手放しで美味いと断言するのは早計。

醤油ダレの量がデフォで少なめ(以下省略)

確かにカラメ推奨な塩加減だが、150円うpのブタ増しだと丁度良い罠。

嗚呼、小豚ラーメンにして、良かった!

安定した頃に(以下省略)

この手のタイプは安定しないだろうから、ブレを愉しむ派としては大歓迎。

しかしして、長蛇の列で小豚の事をコブタがどうたらマシマシ逝っちゃうとか語り、周囲を赤面させるテロは極めて遺憾。

結論:伝説と化した「斑鳩」よりもスープがヌルいんだから、ファーストインプレッションの満足度8から減点1とした判断は妥当。
 
ってか、一味唐辛子が常備されておらずスープの温度が哀しい程に低い弱点を補えた可能性が大だっただけに、残念。

蛇足だが、広瀬すず似の助手さんが見当たらなかったかも試練。