如何にもガジェットなアイスクリームディッシャー。

真夏にしか出番が無かったりするので暫く使っていなかったが、真冬に自作した雪◯大福にインしたバニラアイスの型抜きで活躍。

バイキングにある(大きなスプーン状の)アイスクリームスクープと違って、簡単に綺麗な半円や球にする事が出来るので、(無くても全く困らないけど)見た目重視なら必需品。

しかしして、代替品が無い割に一般家庭には常備されないプロユースのガジェットだ罠。

ぶっちゃけ、ハンバーグやつくねを作る時に材料を均一な量に小分けするのに使える、と云うか使うしか他に使い道が無い件。

つくねや肉団子はタネを握った手の親指と人差し指の間からニョキと押し出しリズミカルに連続してスプーンで取るか、親指を外側にスライドさせてエーヌス(校門が閉まる)的にポンポンと千切るのは職人技。


ハンバーグなら2個イチ、あんこやつくねなら何等分にする的な、目分量だと不揃いな仕上がりになるところを、キッチンスケールよりも簡単に素早く仕込みが捗るよ、と蛇足な補足。

其の0(林檎カッター)

其の1(目玉焼きサークル)

其の2(大根ホルダー)

其の3(白髪葱カッター)

其の4(米トギーナ)

其の5(回転式缶切り)

其の6(穴あきレードル)

其の7(シリカゲル)