業界最高権威だと豪語するTRY(トウキョウ・ラーメン・オブ・ザ・イヤー)の各部門をチェックしたのだが、「さんじ」と「日の丸 さんじ」が選から漏れた件。

ねぇ、熱狂的な支援者の皆んな息してる?

アレを絶賛する君達の味覚が三流以下なんだと理解したかな?

ラーメン評論の重鎮8人(1人はチン無し)の判断が妥当って莞爾。

イメージとしては、親日家の外国人が見様見真似で作った鴨南って莞爾。

ん、二流のアマトリチャーナはどうなんだって?

単に、生パスタの代わりに中華生麺にしただけだろってか?

あのね、アレンジ料理はそんな簡単じゃねぇから!(日和って鹹水を控えたりしてないから思いっきり中華麺)

ってか、今回の味付けには絶対の自信があるからレシピを公開したって構わない訳で、その味は何故か川越達也が保証する罠。

蛇足だが、自家製平打ち麺(原価30円)に自家製トマトソース(88円のイタリア産トマト缶の半量)に無農薬に近い自家栽培のスイートバジル(原価ゼロに等しい)に自家製ヨーグルトから作ったラッシーだったりする超力作

カットトマトと(燻製は近所迷惑なので流石に躊躇した)ベーコン以外には、いわゆる業務用の類を不使用。


ちな、今回のトリガー。


名物の割には、グランドメニューに見当たらない系。