バルコニーで自家栽培しているイタパセは寒空でも元気一杯。

しかしして、ミントやバジルは室内に移す頃合いかも新米。

家庭菜園も出来る範囲でやっているが、来春にはルッコラやクレソンも試して未体験。

さすがに小麦粉は無理だけど、本気でラーメンを作るならば自家製麺は必須。


毎年々々、審査員が揃いも揃って肥えていくのが一番の愉しみだったりする罠。

しかしして、今年の凶作っぷりは昨年以上で5年後まで生き延びる新店が何店あるかってレベル。

しかも、新店の受賞店がネクストブランドばっかりで業界の先細り感は異常。

意識高い系の自家製麺化は更に加速しており、業務用は三河屋製麺の独り勝ちの図式。

まぁ、浅草開化楼が持て囃されてる事が何かの間違いだと誰よりも早く見切ってはいたが、今年も気鋭の店主からは見事に相手にされてなくて草。

店と客は対等とか笑止。

神に見捨てられた製麺屋。

フジテレビの凋落にも被るよね、実際。