安い値!(納得)


お買い得品(謙虚か?)


値札は税抜き278円だったのに税込み248円ですた。(二重価格)


銀座かよ!(銀座)


地元の「まいばすけっと」が謎の底値。(定価)


コスパ最強ランチの某店。


ぶっちゃけメインの麺類は食えた代物では無いのだが、【おまけ】に飽きるまで秘密の方向。(近日中)


ってか、この写真と薀蓄で長さと太さが均一な業務用刀削麺が出てくるんだから、中国人恐るべし。(製麺機?)

ちな、再訪したらバイキングが空っぽでBBAが中国語で厨房に吠えてる。(怒ってない)

気の弱い日本人は何も無いね・・・と顔を見合わせるのみ。(サービスをサービスしない自由)

それでも後客を入れ続けるのは流石。(様式美)

(何も無いのは自分が一番良く分かってるのに)あちらからご自由にお取り下さい!のアナウンスは欠かさないから、取りに行く人々。(新手のコント)

それを観て愉しむレストラン。(プライスレス)

まぁ、出てくるのは簡単なサラダとかカットしただけの自家製中華ハムや野菜スープで、恐らくは米を炊き忘れて豆腐を切らしてる悪寒。(買いにすら行かず業者の納品待ち)

メインが食えた代物でないので、店内は誰も箸を付けてなかったりする微笑ましい状況。(杏仁豆腐は後で食べたい)

イラシャイマセー(以下ループ)

さてさて、待ちに待って出てきた麻婆豆腐が前回と違って合わせ調味料で炒め煮していないから四川風湯豆腐。(湯豆腐の四川ソース)

コレは斬新。(食えない)


気を取り直してホテルのランチバイキングとしては都内最安値に凸。

再訪は無い罠。(失ったのはお金ではなく時間)


浅草とは呼べない千束の「カルネステーション」は、その立地の悪さから弱気なプライシングで永らく焼肉バイキングの都内最安値だった件。

店長を降格して本部から乗り込んできたっぽい新店長の方針か、爆買いの中国人ツアーからの予約で満席にする舐めた営業スタイルで日本人客を思いっきり締め出しておいて、後発ながら立地は文句無い「すたみな太郎NEXT」と価格差のアドバンテージを失い順当に閑古鳥。

2度と行くかと決め込んでいたが、フリードリンク付きで大幅値下げしたなら戻ってくるよね、実際。(正直)