寸評:ラーメンバブルの末期、【路地裏系】やら【引き算のラーメン】、果ては日本蕎麦屋のラーメンを評論家の先生方が持ち出した頃から、豚骨魚介の次が無い事を悟った件。

今年こそカレーラーメンなんてのも馬鹿過ぎて白目。

そしてして、私は「二郎」に傾倒していった模様。

したっけ、引き算(鶏と塩と化調)と未体験(回転寿司の新ネタ)を、同時に体験してみるみるテスト。

前者は減価率が下がるメリットと満足度が下がるデメリットの乖離が凄まじい上に、鹹水から滲み出る中華麺特有の悪臭を消せない時点で塩味は論外。

敢えてナルトを外したビジュアルも計算通りで、ラーメンらしさを消す効果は絶大。

後者は意外と喰えるけど、酢飯の必要なくね?例えばマグロでも乗っけたほうが絶対に美味い罠。


そうだ、二郎でも食べに行こう!