寸評:宣告寸前に並ぶ荒技以外はセカンドロットですら寒空の下で約2時間待ち、つけめん目当てでもラーメンや塩ラーメンに奔るのが人情。

しかしして、美味いか?

マスターが存命時の「東池袋大勝軒」は勿の論だが、「べんてん」や「ごとう」も含めラーメンは麺がつけ仕様の生地で、美味いと思った記憶が無い罠。

もっと美味いラーメン屋を3桁は挙げられるし、次回のつけ(2度目)次第では行列が消えるか夜営業が始まるまで再訪は無い系。

ちな、13:50に自宅からカッ飛ばしたら接続した数秒後に店主が暖簾を仕舞ってラストを目視して終了。

外待ちに対して「二郎」以上に客任せで、割り込みや膨らみや大声や煙草等の問題を解決するでもなく、行列を打ち切る【宣告】も無かったけど、仮に1時間待って並んでなかったでしょ?とか入店拒否られたら湧くだろ、撮影。(←変換出来ぬ)

あと、常連が敬語で下からなのもキモいが童顔の店主が上からなのもキラいな件。