昨日の夕方に購入した訳だが、【業界最高権威】が選んだ新店が三河屋製麺ばっかりで驚いたよね、実際。

しかしして、どこぞの御仁。

「最近私が寿司屋に長い修行は必要ない。独学ですら人気の美味しい寿司屋は作れると言って炎上しているがラーメンビジネスも同様だ。」

色々と大丈夫かと、小一時間。

大切な事なので繰り返すが、2016年にブレイク必至な新店の製麺所を確認すると、殆どが(私が日本一の製麺所と断言し続けてきた)三河屋製麺と、(私と同じく)自家製麺。

ちな、浅草開化楼を使用して受賞したのは「六厘舎」の初代雇われ店長が独立したとされる、三郷「さなだ」の僅かに1軒だけと云う寒過ぎる結果。

ミシュランより信頼に足るお墨付きを貰ったイケてる彼等の修業経験が、(チェーン店ではない)業界最高権威も認める超有名店に偏っている点。

(元)食べ手のプロとして私なりに「独学かもしれないけど独創ぢゃねぇんだよ!」と、ホリエモンの見識を全否定してみるテスト。

ラーメンを食べなかった期間があったんですかねぇ、(白目だけど)裏山。
 

さて、【業界最高権威】が数年前から正式に採用した細つけめん部門。

以来、呆れて購入を止めていた件。

今年もパスしていたのだが、また勝ってしまったとの噂を信じて、久々に買ってしまった罠。

(義理堅い気鋭店は試しに乗ってみたけど)凡店ではチンピクすらしなかった【ミスリード】を素直に認めて、新カテゴリーを廃止したのは妥当。

しかしして、懲りずに淡麗と濃厚に分化して、過ちを認めた風でいて負け惜しみ宜しく新部門を(提案ではなく)決定。

まぁ、麺の太さよりはまだマシだけど、膨らんだパイの多過ぎる候補から、倍の受賞店を選定して【表彰漏れ】を防ぎたかったのが本音と推測。


したっけ、情報を喰ってるだけと揶揄されたラヲの端くれとして、未食店は可能な限り【フォローアップ(馬鹿が会議で使う肝台詞)】して、久々に斬るかも試練。