原価率が高過ぎて3倍掛けでは売れない冷中と、原価率の低さを見透かされて(金銭感覚が鈍い馬鹿な男しか)頼まない炒飯の専門店が成り立たない件。

まぁ、冷やし中華に限れば馬鹿舌には人気だし、チャーハンは化学調味料抜きでは語れない訳で、某製麺屋に勤務するバカリスマ製麺師が馬鹿舌なのも納得。


彼の実家である餃子舗「龍王」(閉店)で、清々しい迄の業務用ラーメンを食べたラーメン評論家は皆無だし、現役のラヲでは私を含め僅かに2人のみだ罠。

ちな、お湯みたいなスープに満足度3を出した当時はこの店のバックグラウンドを知らなかっただけに、この低評価の信憑性に疑いを差し挟む余地は無い件。