ツーチャンネラーはガチムチだから参るわ(笑)

消した→
寸評の文字数が嵩んだので推敲した結果、(指摘を受ける前に)文字列の一部をスリムにしただけ

上野から仙台へ【常磐線】を使って→
上野駅に常磐線のホームがある(都民の常識)
仙台駅に常磐線のホームがある(仙台市民の常識)
東北本線と常磐線は並走せずに郡山で8の字を描くように同じ目的地である上野〜仙台を繋いでいる

ちな、郡山までは東北線(通称:宇都宮線)の内陸ルートと常磐線(通称:水郡線)で到着時間に大した差は無い

震災で一部不通の件についても、JRバスで欠損部分を繋いでるので(時間帯に拠るが到着数分前に出発してる)腹が立つほど接続してない糞ダイヤが普通な東北では誤差の範囲だが?

ウィキペディアが馬鹿共にアドバイスだってさ(藁)

列車運行上の常磐線は、東北本線区間の上野駅 - 日暮里駅および岩沼駅 - 仙台駅間を含めた、東京都台東区の上野駅から宮城県仙台市の仙台駅までである。

蛇足(コピペ)

国土交通省に言わせれば「京浜東北線」「埼京線」「湘南新宿ライン」「宇都宮線」などという路線はそもそも存在せず、「山手線」は丸く環状運転などしていないのです。
「湘南新宿ライン」は名前からして存在しない感じが溢れていますが、あとの各線はいかにも昔からありそうな名前です。
栃木県庁にしてみれば、群馬県の分際で「高崎線」はあるのに我らが県庁所在地の「宇都宮線」がないとはどういうことだ…とお怒りかもしれません。
 これはどういうことかと言うと、JRが旅客案内上用いている路線名と国交省の定めた路線名は異なる場合がある…ということ。
例えば山手線ならば、本当に「山手線」と言ってもいいのは品川〜渋谷〜田端間で、わずか18.6キロしかありません。あとの区間はどうなっているのかというと、田端〜東京間は「東北本線」、東京〜品川間は「東海道本線」です。よって、渋谷や新宿、池袋は立派に「山手線」という路線の上にありますが、厳密には上野や東京、品川に「山手線の駅」はないのです。

敗北を知りたいんですが、何か?

追記:表題で上野から常磐線で仙台へって書いてんだから郡山から先は察しろ、アスペ。

大切な事だから2回書くが、上野スタートって前提なのに郡山始発で水戸行きのダイヤを提示してるドヤ顔は何がしたいんだよ・・・