Soup:C Noodles:B Topping:A
image

つけ麺+味玉/煮干油・塩・酢橘
¥800+100

★★★★★ ★☆☆☆☆

画像1

寸評:「啜磨専科」でも経験したが、昆布出汁由来のトロトロスープに浸した麺。

新鮮味は一口目だけで、二口目からは味がぼやけるだけの百害あって一利しか無かった罠。

スポイトの煮干油も大仰〈おおぎょう〉で、アナウンスも無しに塩で麺を食う趣味は無いし、酢橘〈すだち〉も不要。



閑話休題

image

揚げ置きで売れ残りのシナシナな天麩羅と激甘な汁は、蕎麦の淡路町を代表する「かんだやぶそば」とは凡ゆる点で対極。

「六文」の価値しか無いから屋号に明記したのか?
そんな路麺が380円。前例主義でバブル崩壊後の下り坂基調に企業努力を完全に放棄した蕎麦の業界もまたヌルいよね、実際。