画像1

[数量限定]トンナレッリ 鶏肉のカチャトーラ ローズマリーの香り(浅草開化楼の低加水パスタフレスカ)/前菜・自家製パン・ドルチェ・紅茶
¥1000

★★★☆☆ ☆☆☆☆☆

寸評:予想を超える駄麺だった罠。

普通に ((((;゚Д゚))))))) 不味い!

こんなのは絶対に流行らないと断言。
大切な事だから2度書くけど、絶対に流行らない。

ちな、着席するなりボトルから水を注がれた瞬間に、1000円ポッキリではなく1800円を覚悟するも杞憂。

まぁ、失敗作の連続で浅草開化楼は美味いみたいな幻想が醒めつつあるラな世界。

ゴム麺と一部で酷評されたのが象徴的だが、無駄にハードな食感だけで味はイマイチだったのに、中野「青葉」から始まったとされる豚骨魚介と云う出来過ぎたスープと(「六厘舎」の鎖国麺や「TETSU」の強麺が)相性が良かっただけだ罠。

小麦の香りがどーたらと語ってるカリスマを小一時間。

あのさ、新蕎麦を尊ぶ蕎麦業界と違ってラーメンや饂飩の原材料である小麦粉の場合は、収穫直後は著しく不安定な状態なので寝かせて熟成が進み品質変化が落ち着いた状態になるまでは市場に出回らないなんて食べ手のプロなら知ってて当然。

薫るどころか匂いを吸着し易い食材なんてのはそこらの主婦でも知ってるし、小麦粉の匂い=冷蔵庫の匂いってのも常識。
密閉容器に移さずシンクの下で1kg袋の口を丸めて、使い切るまで数週間も常温保管するとか論外。

内麦は知らんが、外麦は収穫して製品化する迄に数ヶ月、低コストのタンカーでたらたらと輸入し日本の製粉メーカーがブレンドして業務用の商品化に半年は余裕。

何か間違ってるか?日清製粉の担当者に聴いて皆。

http://kenkocolumn.blog.fc2.com/blog-entry-330.html
↑私の見識が完璧過ぎるのは異常。

でもって、店舗でも常温(実際は高温多湿だけど)で大量在庫して(先入れ先出ししてたとしても)待望の製麺時には特筆すべき香りなんて欠片〈かけら〉も無いんだよ、馬鹿舌。

そんなレベルだから、昨今の鶏白湯や煮干にシフトしたラーメンシーンに於いては三河屋製麺に完敗完敗また完敗。

お願いですから、提灯記事だけはマヂ勘弁。

画像1

店主でも無いのに客を選んだ罰として、追加で駄目出し(其の1)してみるテスト。

ってか、食べる資格?なんなんだよいったい、(知ってたけど)馬鹿なの?

追記:自家製パンを濡れた俎〈まないた〉でカットしたのだろうか、底がビチャビチャだぞ!

水に浸したパンほど不味い食べ物を私は知らないが、こんなんでリストランテの資格があるのか答えろ、馬鹿。

画像1

オワコンを更新してた罠。

駄目出し(其の2)を追記決定。

画像1

駄目出し(其の3)も追記決定。

↑煽るのも結構だが、只でさえ立地が最悪な隠れ家なのに不都合な真実を次々と晒されて【あぼーん】しても知らん罠。

そんな中、タイムリーなビッグニュースが飛び込んで来たかも試練。

あの立川「魚魚」がラースクから撤退。

左サイドが寂しくなるね・・・(遠い目)
ツーチャンネラーが大勝利に歓喜の悪寒。

本谷亜紀の「魚魚」とか石倉康晴の「轟」みたいな、素人が絡んだ店は確実に潰れるよね、実際。