画像1

ラーメン・ヤサイマシ・ニンニク・カラメ/トウガラシ
¥650

★★★★☆ ☆☆☆☆☆

寸評:定点観測。リニューアルから僅か1週間で湘南藤沢店のDNAが顕在化。
まぁ、所詮は兄弟なのだから期待したのが間違いだった訳で、早くもランキングのワースト争いだ罠。

ゴールデンウィーク明けに酸っぱい寸胴がリセットされている事を祈念。

蛇足だが、右腕の肘下に刺青を施した(三田本店の夜の部でJr.の助手をしていた)人物が亀戸店に移動。

兎にも角にも、色々と残念過ぎて遺憾。
(背後霊止まりで)店外の行列が消える日も遠くない悪寒。

画像1

オージービーフを全否定してアメリカ産に拘り、値下げ競争に加わらず客を散らして遂にギブアップ。

同業他社と睨み合いしていたら新規参入の「チカラめし」に大きくシェアを奪われての【宗旨替え】だ罠。

http://blog.livedoor.jp/kool_18/lite/archives/51940905.html

「オーストラリア牛最高!」なんて書いてあるか?

ツーチャンネラーって馬鹿なの?

この文面をどう読むと「あの半島や大陸の劣等民族のバイトが水加減失敗したやわやわの飯に焼きすぎの硬い肉のせたチカラめしが驚異だなんて思ってる味障なんだぜ。」となるの?

アスペの思考回路は素敵。

ちな、文脈から最適な表現は驚異ぢゃなくて脅威だな、Fランか?

したっけ、【宗旨替え】って意味が分からないから読み飛ばした?

辞書を貸そうか?(持ってないけど)

http://m.news-postseven.com/archives/20130114_165304.html

説明するのも阿呆らしいんだが、社長曰く社内からも【無謀】と反対された30年も寡占状態の牛丼市場へ「東京チカラめし」が新規参入を果たし、「すき家」と「松屋」が凌ぎを削る低価格路線(通常で280円、キャンペーンで250円)に参戦しない「吉野家」の一人負けを加速させたとする、極めて常識的な私の論調を曲解(単に馬鹿なだけ?)するのは異常。

ゼンショーがどうたらとも書いてないんですが、何か?

美食家気取りの素人さんに教えてやるけど、何故に不味いのかは単純明快、無洗米。
アニキと炊き立てを保温ジャーで混ぜるマニュアルがあるとしても、古古米でなければ説明が着かない品質で、見た目は麦飯。

(全店舗に配備されてる訳では無いだろうが)ボタンを押すだけの自動ご飯盛り器で蒸れて、饐えて、潰れて、臭って、変色してるからだ!

外国人とか関係ないから(笑)

件の三光マーケティングフーズはプレナスの「やよい軒」と違って、美味い【飯】を提供する気なんてサラサラ無い悪寒。

画像1

Bigエビフライ定食・ライス無制限(戦略店舗のみ)
¥530

★★☆☆☆ ☆☆☆☆☆

画像1

昔も今も米屋だけは信用出来ないが、外食産業に於けるエビフライほど欺瞞に満ちた商品なんて他に無いかも試練。