画像1

塩ラーメン
¥550

★★★★☆ ☆☆☆☆☆

寸評:遠征3杯目だ罠。

画像1

旅の起点は日本橋。チャリを乗り捨て、徒歩で東京駅。

画像1

24時間で函館に到着。

画像1

フラれて時間が余ったので、交通費の明細を公開する罠。

【高速バス】東京→仙台=3200円
【18切符】仙台→一ノ関→盛岡=2300円
【いわて銀河鉄道】盛岡→好摩=630円
【18切符】好摩→大館→弘前→青森→蟹田=0円(当日内は何度でも利用可)
【津軽海峡線(青函トンネル)】蟹田→木古内=0円
【18切符】木古内→函館=0円(当日内は何度でも利用可)

※裏技としてJRが第三セクターに払い下げた、盛岡→好摩だけはいわて銀河鉄道を利用し、仙台から山形→秋田と迂回する地獄の日本海ルートを回避。
東日本大震災で流失した太平洋ルートは復旧の目処が立たず、盛岡から青森へ18切符縛りでは(事実上)不可能。
僅か630円で丸1日を棒に振る悪寒。

※表技として青森→蟹田を鈍行で行き、特例措置を活用して無料で(北海道の最初の駅ではなく)特急に乗車して次の木古内までワープ。
ここで万が一にも下車しそびれると、笑えないくらい高額な乗車券+特急料金を支払う羽目になり、今迄の努力が水泡と化すので死んでも寝たら遺憾。