画像1

まさに大胆なリニューアル!(o^-')b
↑まさにの使い方に軽く脳波が止まったが、要は【あぼーん】したんだ罠。

この度、馬橋の『めん屋 てっぺん』が新たな屋号と味を引っ提げリニューアルオープン!
↑馬橋を【馬鹿】とリアルに読み間違えたけど、リアルに当たってた罠。

その名は「めん処 かわ田」。
↑漢字が苦手なんだ罠。

「麺処 かわ田」
千葉県松戸市馬橋×××
※JR千代田線 ××駅×口徒歩××秒(×出て×側)TEL 047-340-××××
↑ほら、麺が漢字になった罠。

追記:謝罪もせずに訂正してた罠。

ってか、JR千代田線とか絶対に存在しないから!

(モノレールしか無い)沖縄県を除く1都1道2府42県で、生半可なテツよりも日本中のJRを乗り倒し過ぎてるラヲの記憶には無い路線だ罠。


濃厚豚骨魚介『てっぺん』のDNAは2号店・八柱「めん屋 一期一会」に託し、
鶏そば専門店として生まれ変わりました(^-^)/
↑プレッシャーに潰されて記事化しなかった浦和の呟きは、噂に拠ると関連店だ罠。

画像1


資本系は ψ(`∇´)ψ パスだ罠。


『あっさり』と『濃厚』につけそばの3本立てですが、
↑業務用の香ばしい臭いがプンプンする罠。

俺のお薦めは透明に近いスープながら、しっかりと鶏のコクを感じることの出来る「あっさり」(*'-')
↑提灯がアップを始めた罠。

【あっさり鶏そば 650円】
【濃厚鶏塩そば 700円】
↑透明に近いスープでコクがあるなら、完璧にヤってる罠。

※麺は現行と違うものを合わせてます
↑どうせまた、技に溺れた(作り手には大人気だと云う)例の粉だ罠。

現在サービスで提供されている、レモンor柚子胡椒(あっさり用)・辛肉味噌(濃厚用)などのオリジナルトッピング、
↑柚子胡椒の起源を主張してるんですが、朝鮮人なの?

そして今のところ一種類の麺も、よりお客さまに楽しんで戴けるよう、
↑既に楽しみ過ぎてる罠。

俺も川田店主と二人三脚で見詰め続けていきたいと思いますp(^-^)q
↑どうやら「轟」の大失敗は無かった方向みたいだ罠。

OPEN2日目の昨日、後れ馳せながら俺も行ってきましたが、お陰さまで大盛況でしたヽ(´ー`)ノ
↑腰の重い営業マンにしては妙にフットワークが軽くて怪しい罠。

老若男女問わず、何よりも地元に愛される味を目指して川田店主、共に頑張りましょう(o^-')b
↑東京在住のラヲは地元ぢゃないんだから、全力で回避だ罠。

画像1



浅草開


店主、馬鹿なの?

通常は製麺屋から開店祝いの贈答品だったりする暖簾だが、馬鹿が複数絡むとヒューマンエラーも余裕。

行書体が読めないのに背伸びしちゃった鴨。

まぁ、阻止するチャンスを2万回も逃す様なスイーツばかりの会社なんですね、分かります。