7f269a0a.jpg
−−−−−−−−−−
この11月から開化楼の麺を使っていただくことになった俺の新しい担当店を紹介します芝大門の裏路地にある「チャイナハウス 來來」、この地で70年続く老舗です。長くお付き合いのあった製麺屋さんがご高齢ということでリクエストを戴いてね。常連のお客さまが慣れ親しんだ味を壊すことなく、より良い提案をするのが俺の務め(^o^ゞ麺は無事決まったけど、お客さまに投げっぱなしはいけません。やっぱり自分でも食べさせてもらわなきゃと思い行ってきました(^o^)v食べたのは昭和の味【サンマー麺 690円】画像まず何より出てきた時の見た目、餡のトロミ具合に泣きましたたっぷり注がれたスープも素晴らしく美味くまた熱々でヽ(´ー`)ノこの日もかなり冷えていたけど、冬の寒い時に食べたらどんなに幸せ感じるだろう。切り替え前から少し特徴のあった形状を再現すべく、毎朝注文分だけを切り出しているオリジナル麺も思ってた以上にマッチしていて、茹で加減がまた素晴らしい。やっぱり長く商売やられてる方の仕事は違うよなぁと。本当に美味しい一杯でした。お店の雰囲気も良く、きっと俺もまた何度も足を運ぶことになるでしょうd('-^*)さて。既にお気付きの方もいらっしゃると思うけど、タイトルとカテゴリーが一緒だよねこのblogを始めた頃は専門店に圧され気味ですっかり元気のなかった街の中華屋さんだけど、ここに来て復調の兆しが見えてきた気がする。中華食堂のチェーンが何れも良い感じで流行ってきたことで、消費者の中にこの系統のお店のメニューの豊富さによる楽しみや、何よりその美味さが再認識されてきたんではないかと。
(文字数オーバオーバーでコピペ不能)
−−−−−−−−−−
▲実家である餃子舗「龍王」が【満足度3】だったのに懲りてない罠。


何を頓珍漢な寝言を垂れてるのかと。

デフレスパイラルにより、安かろう不味かろう買いかろうで良心的な店があぼーんして、工場製の【冷凍スープ】を平気で使う松富士食品が「六厘舎」なる蜃気楼でガッポリ儲かるご時世について問題意識が欠如してる模様。

同じ穴の狢が正義漢ぶるのは寒いぞ(藁)