bbe117cb.jpg
 
『大胆に』とか『未来を見据える』とか?(爆)
俺、最初っから事件性の口火は「エンタメですが」って言ってんじゃん(ノ∀`)アチャ-
そんでもって思いきし『踏み』ハズシてるし(Θ_Θ)チーン
(負死鳥カラス)
 
やっぱり判ってねぇか(笑)
 
!?付きのエントリーに事件性が無いのはバレてんだよ!
 
娘の大学卒業に舞い上がりモザイク入りで公開しちゃった(直後に首チョンパに編集して更に痛々しい)マッドふらわ氏と一緒。自爆。
 
ボロ工場が自慢だったはずが、(新工場?の)最新鋭の設備に舞い上がりアピールしちゃったな。
 
告知としては明らかに戦略ミス。お得意様の皆様もそう感じてんじゃね?
 
σ(^_^;)にとっては資本系に成長しちゃった組織こそが一番のご馳走なんだよ(爆)
 
詳細が判明次第、全力で××だね。
 
判官贔屓♪
 
例えば、「武蔵」「なんつッ亭」「TETSU」「けいすけ」「中本」辺りはパス。
 
「むささんじん」とかあぼーんしそうな店を叩くのは本意じゃねーし。
 
 
 
さてと、前置きが長過ぎたが、1年保たずに逝った「慎謙」の記事をコピペしてみるかな…
 
 
「六厘舎TOKYO」の朝つけに似ているが出身者なのだろうか? 
結論から申し上げるが、今のままではヤバいでしょうね! 
最低単価が800円ってのもどうなんでしょ? 
細つけならいざ知らず、定番の極太麺に【意図的に】シャバいつけダレには賛同し兼ねる。パーツは上々の仕上がりだが、落としどころが見えない。 
醤油を探し求めて偶然にも(長野県出身なのかな?)長野産に決めたと云う割には麺は決め打ちでカラス氏に直談判して浅草開化楼ってのも残念で仕方が無い・・・ 
自分の店が埼玉との県境であり、六のコピーを【わざわざ】食べに来るには魅力不足だと自己分析していれば自家製麺に挑戦して欲しかった。 
狭い店だけど不可能では無いよ。券売機を置かないのは予算の問題だと想うと無理な相談かもしれないが、手打ちやパスタマシーンでも50食程度の提供は実現出来ます。 
私なら選択肢にぶつかったら険しい道を選びます。努力は必ずお客様に伝わります。 
昼行灯の提灯記事しか書けないブロガーに認められても客足は瞬く間に消えるのは明らか。 
『プロを唸らせればアマは黙っていても付いてくる』と思います。 
最後にスープ割についてですが、私は平気だが柚子が苦手なお子ちゃまも多いらしいので勝手に投入せずに卓上、若しくは丼の返却時に『良かったらお使い下さい』と添えるのが【好き嫌いが多いオサーン達の】切なる希望らしいです(笑) 
私的にはどうでもいいハナシだけど、複数の某大物ブロガーが再三に渉り言及してるもんで一応書いてみました。
 
 
ご自慢の【傾奇者】に触れて欲しいみたいだからリクエストにお応えすると、アレは紀里谷和明監督のキャシャーンやGOEMONに通じる残念な作品。
 
実に的確な喩えでしょ?
 
【チーメン】は傑作なんだから黙って量産してりゃいいんだよ、ボケがっ!
 
で、「六厘舎」本店の移転先は?