8c6e4972.jpg★★★★★ ★☆☆☆☆

【3115軒】

気合い入らーめん(R‐25)・にんにくやっちゃって下さい!0杯
¥750

2010年の296杯目
迂闊にもまたまた資本による搾取を食らったぽい。
今月2度目のVISPですか?


↑こんな仮うpのままで日付を跨いだ記事の更新を、期待してる読者が多いのか少ないのかは私は知る由もありませんが、
結論から書くとアリだよ。
(b^-゜)

先行したブロガーさんの傾向としてはナシみたいですね(笑)
何にも和歌ってないなぁ・・・
┐(´ー`)┌

先ず、この会社(リストラされた人物が、「二郎 三田本店」をリスペクトして一念発起、開店に漕ぎ着けた店主と設定されてます)がドコだか不明だが、豚骨醤油ラーメンに限ればノウハウを持っているよね。

私は、敢えてにくにく抜きで味わったのだが、実力充分だしタレも新店ながら極めてこなれておりカドの無い優秀な製品だと診ます。

またぞろ二郎インスパイアか!と、曇った眼で軽率に判断して未熟な舌はそれに気付かない。


にんにくスプーン1杯で【イケメン】、2杯で【超イケメン】、3杯で【バリ男】だそうですが、私は【イケイケ】なのでお断り!

スープはガッツリ乳化してるし、タレも「二郎」を忘れれば合格。
麺も有名な製麺屋のモノであり相性も悪くない。
ヤサイはコール不可だが茹で加減は素晴らしい。
問題はコンビーフみたいな食感が残念な出汁殻のロース?焼豚(店の表記)だけ!

こんなトコまでインスパイアしなくてもと思うが。



さて、券売機の一番下にコッソリ配置してあるこのメニューは通常のらーめんと同一価格。もちろん中身も全く一緒だそうな!

その違いはと云うと・・・



ご対麺の際に気合一発、『ニンニクヤッチャッテクダサイ!!!』と唾を飛ばして怒鳴るだけ。

本日は猛暑日でしたが、かなり寒かったよ。