063f6b0a.JPG★★★★☆ ☆☆☆☆☆

【経験値03】

普通盛り・麺硬・野菜増し・ニンニク・脂(背脂)
¥700

2010年の209杯目
今日は新宿厚生年金会館の隣にあるクライアントのマンションに缶詰で昼も外出が出来ずに22時。
21時に解放されたら「俺の麺 春道」だとガンガったのだが無念。
空腹のままラーメンを求めて歌舞伎町に。確実に営業している此方の店に向かった次第です。

さすがに繁華街です。色々な事が起こりますね。
中国からの観光客が来店して(大人3子供1)食券は2枚・・・
助手さんがカタコトの英語で説明開始ですよ。

要は、『ガキは構わねーけど、オマイラ3人で2杯は駄目だっての!』って事を喋ってます。

中国人のお婆ちゃんが状況を察して退席。
700円で嫌な思いをしたと云う格好だが、ここが「二郎」と知らずに入店してるっぽいだけに微妙に感じ悪い対応でした。仕方ないと思うけどね。
彼らにとって日本円で700円って価格の価値は推し量れないが決して安くはないのだろうと思う。


で、ここで気になるのが【脱帽問題】にも通じるハナシなのだが、お客様は神様だが、金払わないヤシは出てってくれ!は万国共通なのかな?ってこと。

マナー(帽子)とルール(食券)の違いが解っていれば今回の様に強気な姿勢で立ち向かってもOKだが、一部の地域の外国人に対して脱帽を強いれば国際問題にもなり兼ねんってことだね。「がんこ」で時代遅れな北沢氏には猛省を望むが、『ニポーンノジョシキワーセカイノヒジョシキデース』とは言えなかった中国人観光客と断固たる姿勢で撃退した二郎。

今回の一件は個人的に大変興味深かったのでつい長々と書き連ねてしまいました。



ってか、味は「二郎」最低レベルでコメントに値しないことを再確認したに過ぎなかったからね(藁)
稀に美味いってコメントを見掛けるのだが、奇跡の瞬間は馬鹿舌の酔っ払いにしか訪れないので私には生涯起こり得ないのだろう・・・



ちょっと気になって調べてみたら、傾く(かぶく)は造語ではなくて正式な動詞だそうです。
(奇抜な格好・身なりをする、並外れたもの、常軌を逸するという意味)