2ddc9002.JPG★★★★☆ ☆☆☆☆☆

【3058軒】

らーめん
¥550

2010年の207杯目
「幸貴」みたいな昔ながらの中華そばを狙ってるのは理解出来るんだけど、独学だけあって独特な後味のスープ。ひょっとしたらタレに斬新な食材を使ってるのかも?
妙に癖があって気持ち悪いけどね。

メンマから流れ出した粗挽きの鷹の爪が古典的なビジュアルに違和感の影を差す。

退席時に気付いたが、客席後ろの床にさりげなく積まれた麺箱は三河屋製麺。広めの調理場から考えても意図的に配置してますな。
ランチタイムのど真ん中で先客0後客0の状況から鑑みても大した売上は無い筈。だとすれば【不自然な3段重ね】だとプロ目線では感じちゃうんですよね。

店頭に渦高く積み上げる店もあるが、あれは演出だから由とするけど、そもそも食品なんだから出来れば足元ではない場所に置くのが自然ではあるまいか?
ラーメン屋で(武蔵や永福町大勝軒系の様に)麺箱入れを設置してある店が少ないのは不思議である。
営業中は常に使うモノに対する扱いとして余りにも杜撰な設計だと感じる。



最後に忠告しておく。

自ら550円という価格を設定しておいて、1000円札での支払いに『50円有りませんか?』って意味わかんね。

釣銭を用意するのは努力目標では無い。義務なんだよ。甘えるな!