0e5cc5f1.JPG★★★★★ ★★★☆☆

【2958軒】

ラーメン(醤油)・ニンニク・ヤサイマシ/カラメ・イチミ
¥100(開店記念価格)

2010年の48杯目
『究極のインスパイア』、『満を持して』、『名店いごっそうの他二郎某店で』とチラシの文句に反して沢山の祝花のメンツでマトモなのは「ぽっぽっ屋@水道橋」だけ?若干萎えながらも寒風吹き荒れる日陰で1時間の行列を消化して臨む1杯。
「いごっそう」に準じてコール不可との【空気】と、100円の影響だろうけど二郎を知らない地元の家族連れの【無知】で『ニンニク入れますか?』の問いに『はい』と『いらないです』しかない中で、

『ニンニク・ヤサイマシ』でコールしてみるテスト。

暖簾に自家製麺とあったが、「二郎」のイメージとは異なるラーメンっぽい中太麺だが、先日の「いご」で復習してあったので動揺はなく、寧ろヤワじゃくて意外だったりしました。

肝心のスープは完飲出来る濃度ながら【っぽさ】も感じるバランスで、ニンニクを混ぜる前も後も美味い!

スープは一朝一夕には身に付かないので、しっかり修業はしてきたと判断しました。

豚さんは(基本的に都度茹でている)ヤサイ用の湯に人数分だけ浸して温めていた。
効果は兎も角、丁寧な仕事をしている印象は強く残った。

バーナーで炙る方が断然美味いと考えるが、どうせ一手間かけるなら今後の変更にも期待したいなと。

JRのガードを挟んで反対側にも同じくインスパイア系で大人気の「豚喜」が在り、プチ激戦区に2軒目が参戦しても大丈夫なんだろうかと心配した1杯だっ(以下自粛w)

蛇足ですが、亀有駅周辺では抜群の好立地です。