ead990da.JPG★★★★★ ★☆☆☆☆

【経験値02】

(小)ラーメン・ヤサイ・ニンニク・アブラ/超 鬼殺し
¥650

2010年の35杯目
直系33軒の中でもダントツに遠くて、ダントツの交通費負担を強いる店。
茨城守谷店で萎えてたら栃木街道店は絶対無理でしょ。日帰り旅行みたいなモノです・・・

臨時休業の多い二郎では各店のメルマガを登録していれば安心なのだが、私は一切お世話になっていません。
都心からでも往復で約2500円、往復で約5時間も電車に揺られ、バスは無いので往復で約30分も歩きます。(タクシーは待ってますが無視します)
時刻表を押さえておかないと駅のホームで30分待ちも普通に有り得ると云う凄まじい大冒険を行き当たりばったりで。

此処でフラれたら気絶するかも。看板が点いているのを確認するまではマヂでドキドキですよ♪

カウンターで格闘中の6人、テーブルで格闘中の家族が4人、カウンターでコール待ちが6人、店内待ち5人でした。ちょっと少ないよね・・・

30分後にコール出来たが、後客5人だったかな?1時間でたった10人しか捌いてないんぢゃないかな・・・

口コミ程には繁盛してませんね。結果的には嫌な予感が当たりました。

そういえば、麺上げの最中に1名が退席したからって丼を1つ増やしました!6玉で7杯のマジックを初めて目の当たりにしちゃったな。

ヤサイはコールするとガッツリ増えます。ってか、「ニンニク入れますか?」に対して「ハイ」ばかり。確かにドコにも書いて無いんだけどね。

乳化はしてたけど、コクの足りないスープ。麺は可もなく不可もなく。豚さんは5個くらいゴロゴロ沈めてあるが、サシもアブラも無いスカスカの腕肉(推測)ばかりでは嬉しくはない。
150円増しで小豚にする価値が有るんだろうか?って印象です。

卓上にイチミが常備されているが、給水器の上にある辣椒なる赤い粉は危険だね。パウダー状だから混ぜると見た目には全然判らなくなるけど、滅茶苦茶効きますよ。
美味いかどうかは別として味変アイテムとしては試す価値アリですね。

最後に武蔵小杉店を残して2巡目コンプリートにリーチと相成りました。