9fe0c46d.JPG35ページ
そば業界の異端児をフルコピーして速攻で潰れた蕎麦作についてはあまり語られることがない。その後釜にもってきた味噌専門店。
インスパイアと表現すれば完成度は高いが、ここは麹町・小川町・飯田橋の味からしてコピー(修業していない)な訳。
つまりパクリ屋でしょ?
36ページ
ラーメン屋というよりも中華麺を使ったアジアンダイニングですね。
最低単価が2000円という型破りなスタイル。斬新さは買うが商売として成立してますか?

37ページ
フライングして記事にしています。お読み頂いていない読者の皆様はブログ内検索してご覧下さい。掲載が一年遅いよ。

38ページ
それにしてもせたが屋グループOBの活躍ぶりには目を見張るね。今年のメンバーの中でも、期待以上で驚いた店のひとつ。オンリーワンでもありお薦めです。

39ページ
こちらもせたが屋グループ。淡麗系で69の影響を強く感じる。キャリアからして万全の態勢ながら、正統派はライバルが多いから新人賞は取れないでしょうね。

40ページ
今年の新人賞候補筆頭らしいが、一度失敗しているのでカンバック賞が妥当なのでは?元の屋号も2度目なのに・・・

トレンドの真反対とする一文には呆れる。佐野JAPANな代表される神奈川淡麗系こそが主流でしょ(笑)
勇気があるんじゃなくて正にトレンドだろ。

この本の著者はアッサリ系の新星と評しているがアッサリしてます?
豚骨魚介や二郎などの濃厚ラーメンに比してと前置きしてはいるが、これがアッサリラーメン?
そもそも今年一度も(過去もだが)二郎を食べずして濃厚って分かるの?
41ページ
隠し玉のつもりかな?
ラーメンとか武蔵野うどんとか分類議論の前に美味くないよ。
食べ物としてね。

42ページ
(私を含む)開店当初の評判は凡庸だったと記憶しているが、夏以降に一部で盛り上げる気運に乗せられた格好か?
信憑性の高い評論家で、最後のラーメン王の青木氏も推しており、再訪しなきゃとは思ってます。

43ページ
ここは絶対にカムバック賞でしょ。それも今年掲載してる場合じゃないよ・・・
氏が終わってると云うのは、この辺りの店を今更(新店)紹介するところなんだけどなぁ。

44ページ
勇次の移転改称。
店主の身だしなみがだらしないんだよなぁ。
もっとシャキッとしていれば名店のオーラが出るんだろうけどね。

45ページ
宿題店が掲載されちゃいました。味は想像つくけど行っておけば良かったな。タイミング的にはバッソ出身というよりゼットン出身だよね。

46ページ
ここのラブメンはあまり好きじゃない。高円寺にラブメン専門店出したけど興味無し。
上品に纏めるならジョーカー@高田馬場のが圧倒的に上だね。

47ページ
国分寺という場所じゃなきゃ間違いなく訪問していただろう。今となっては立川エリアの引力を無視してこちらに訪問出来るか微妙。
OBが総じてドングリなことも昨今の武蔵離れと無縁では無いだろう。

48ページ
見るからに淡麗系ですな。未食です(^_^;)
立川時代に食べた印象はもう一皮剥けたらという物足りなさ。
やはりトレンドでしょ。
49ページ
鳴り物入りだったがコケましたね。
純すみ系は北海道が無理なら新横浜に行かなきゃっていう時代は終わったからね。
私が食べた時はブレとしても酷い出来だったからもう結構。

50ページ
喜多方ラーメンにはもっと素敵な店がありますよね?

51ページ
神奈川淡麗系としては個性的だが、この店は現状がピークでもう伸びない気がする。
今回のニューカマーでは最初にドボンするんじゃないかな・・・
『しう』ことK達人のお気に入り。

52ページ
鰤ラーメンの正明よりは面白そうですね。ラオのほとんどが未食ですね。
隠し玉じゃなくて埋没した企画型ラーメンを掘り出しただけじゃね?
でも美味いかも・・・

リアル刺身ラーメン系と命名しています。

53ページ
美味くないよ・・・
私はお薦めしませーん。

54ページ
掲載確定の店だったからやっぱりねという感じ。
電車+バスだと交通費がとんでもないことに。クルマが無いと行けない立地だが、船橋競馬場でのイベントで食べました。
雰囲気は伝わったけど別物なんだろうな。
店舗でもあんな感じなら大した事無いけど、ロケーション込みで満足度高いレポート多数。

どうでもいいハナシだが、私サーフィン経験があるって云えるのかな?波待ちで満足しました(爆)