お待たせ致しました。





タンメン新時代到来?

あっそうですか、そんな恣意的なムーブメントは断固潰してみせるよ。

非力ながら夏前から活動してきたが、やはり石神本に特集されちまったとなりゃ黙ってないよ!

【続きを読む】をクリックしてね

(今回は特に毒舌だからタンメン好きの読者は回避推奨です)

26ページ
店主がラーメンといえばラーメン。
これは赦(許)せるが、タンメンもそう?違うだろ!ボーダーレスとノンジャンルを履き違えてねぇか?
寿司食いに行って全てのネタに火が入ってたら黙ってないだろ!

この店については、本店からして評価が高杉。ここは行く価値無し。

27ページ
名店のセカンドブランド。ここは引き出しも豊富で近くに住んでいたらヘビーローテ確実。未食な為、TOKYOタンメン、トマトタンメンについての批評は出来ないがラーメンとして間違いなく美味いだろう。

28ページ
開店当日はタンメンのみで大したことなかった。後発メニューの肉豆腐タンメンは蒙古タンメン中本インスパイアであろうが、美味いに決まってる。未食だが、この手の具で食わす手法は中華の独壇場だから誰でも真似できるから客離れも早いだろう。

29ページ
来々軒@木場インスパイアでいわゆる正統派。
宝くじが当たったようなもんだが、最初に破綻しそうな予感が致します。2010年末までしか保たないだろうね。

30ページ
いまさら紹介されてもね・・・
安いだけだろ!早稲田学生しか食べない店で、慶應の学生が二郎を誇りに思っているのとは微妙に違うが愛されてはいるようだ。

31ページ
実はフラれ続けて未食。10回はヤラレてます。店舗データをみると準備が出来次第で遅れがちとあるが12時回っちゃイカンだろ!
気が向いたら食べるつもりだけど慌てる必要は無いからリスト入り不要。

32ページ
今回の象徴的な存在で、ここが当たるかどうかはブームに大きく影響するだろう。
タンメンでもチャンポンでも無い。
タンメンの看板に釣られて平均年齢50台の客が多数並んでいるが、店内覗くと皆さんスープ残してます。
いわゆるタンメンじゃないからね(笑)

33ページ上
こちらもタンメンブームブームが無ければ絶対に掲載されることはなかった店。常連客に迷惑がかかる典型的なパターンだろう。

33ページ下
今年の石神本で唯一ノーマークだが、宿題リスト入りは無いです。
未食でなんだが、食べる価値無し。東大和駅徒歩15分だとさ。
このクラスはゴマンとあるだろうに何故?
アクセスが悪いからラオが近寄れないという罠。
34ページ
広告です。気の弱い二郎好きが愛飲してます。口直しにはなるがジロリアンには脂肪の吸収を抑えさせるドリンク不要。

次回はニューカマー斬りを予定しています。