21e587fc.JPG【経験値05】

★★★★★ ★★☆☆☆

(塩味)3号ラァメン
¥750

343杯/2009年
開店時間が過ぎてもシャッターは半開きのまま。
15分程遅れて本人登場で開店したが、例の「どうもっ」くらいしかないのは嶋崎氏らしいね。
ここからは彼の独り舞台。BGMも無し。誰一人喋らない異様にシーンと静まり返った店内でパフォーマンスが続く。麺上げの中盤、決め技のシャキーン直前に厨房上のフードにぶつけちゃうのもお約束。そうこなくちゃ(笑)

今日の一杯は塩の角が立ったクリアでシャープなスープに以前より硬めに茹で上げた麺が合っていない感じ。だがトッピは今まででイチバン良かったかな。ここは意外とブレが大きいのか毎回評価が上下しますが、お気に入りの1軒には違いないのでまた来ます。