【2820】
味噌ら〜めん
¥850
新宿周辺で打ち合わせ。だったらと区役所前で待ち合わせということにしてもらう。この店が近いからに他ならない。
開店間もなく閉店した謎の店麺仙葵賀佐@千石はごにょごにょ(笑)アガッチャってます。(謎)
今回も札幌の麺匠咲弥の関連店としてショップカードには案内がしてある。麺はこちらも名門の小林に変更しているが実に相性が良い。
私の携帯は500万画素しか無いので撮影しないから他のブログで写真をみてもらうと判ると思うがモヤシが見当たらない。おまけにカシャカシャ鍋を振った音もしなかった。純すみ系らしからぬとこのときは感じた。ところが麺も食べ終わる終盤にとろける玉葱が!そしてとろけるモヤシが!!!料理をしたことがあれば想像がつくことだろう。10分や15分強火で煮込んでもそうはならないと・・・
どれだけ前に(再)加熱したんだよ!?野菜だけ捨てて改めて炒めてから味噌スープを戻してくれればまだましだが最低のオペレーション(マニュアル)だな。味は良いのに味噌の風味がまるでしないのもそのせいか?
中休み無しで朝までという長時間営業が雑な仕事に拍車をかけるんだろうか?こんなことやってたらここも長くは続かないだろう。
満足度と再訪希望度が乖離する現象は以前はみられなかっただけにラーメン暗黒時代を予感させる・・・